西東京市田無の内科、内視鏡内科、消化器内科

042-452-5948

田無駅北口徒歩4分
リヴィン田無店近く

初診の方の事前受付はこちら

生活習慣病

ロゴ生活習慣病について

生活習慣病

生活習慣病には、糖尿病や高血圧、脂質異常症(高脂血症)、痛風などがあります。いずれも主に過食、運動不足といった生活習慣の不摂生が原因で起きてきます。
生活習慣病は、一つ一つは軽症でも、いくつもの疾患が重なることが少なくありません。そして重なることによって、各症状がひどくなったり、心臓病や脳卒中などの重大な疾患に結びついたりする危険性も高まります。
基本的には、どの病気であっても、生活習慣の改善、つまり食事療法と運動療法が中心です。必要と判断した場合には、薬物療法も行います。

高血圧

高血圧とは、血圧が正常範囲を超えて高く維持されている状態です。
高血圧は放っておくと、血管にストレスがかかり、動脈硬化が生じて心不全や狭心症、心筋梗塞といった心臓血管系の病気を招いたり、脳出血、脳梗塞の原因になったりします。
まず行うべきは、適正な体重にし、適度な運動を心がけ、減塩に努めるなどの生活改善です。
また、医師から薬を処方されたら、指示通りしっかりと飲むことも大切です。一度薬を飲み始めたら、一生やめられないと思っている方が少なくないようですが、だんだんと良くなってくれば、減らしたり、やめたりすることも可能です。

糖尿病

糖尿病とは、体を動かすエネルギー源であるブドウ糖を細胞が取り込めなくなって、血液中に溢れてしまう病気です。
健康な人なら、インスリンというホルモンがしっかり働いて、血液中のブドウ糖を細胞に送り込んでエネルギー源にしたり、あるいは脂肪やグリコーゲンという物質に変えて蓄えたりします。このインスリンが足りなくなったり、足りていてもうまく細胞に作用しなくなったりした状態が糖尿病です。
糖尿病は現在のところ完治させることはできません。ただ、糖尿病そのものを治すことは不可能でも、血糖値を正常に保ち、健康を維持することは十分に可能です。そして血糖値を正常に保つ上で重要になるのが、継続的なコントロールです。医師の指導のもと、まず食事療法と運動療法を行います。これだけで正常値になる患者様もおられます。糖尿病が進行したケースだったり、食事・運動療法だけでは血糖値がうまく下がらなかったりしたような場合には、薬物療法やインスリン療法を行うことになります。

脂質異常症

脂質異常症(高脂血症)というのは、血液中の脂質、具体的にはコレステロールや中性脂肪が多過ぎる病気のことです。
脂質異常症を放置すると、増えた脂質がどんどん血管の内側に溜まって、動脈硬化になってしまい、そのまま進行すると、ついには心筋梗塞や脳梗塞の発作を起こしかねません。
治療は、冠動脈の病気など明らかな動脈硬化性疾患が無い場合には、生活習慣の改善と薬物療法が基本です。
生活習慣の改善は、血中脂質を下げるだけでなく、動脈硬化が進むのを防ぐのが目的です。主な内容は、禁煙、食生活の改善、適正体重の維持、適度な運動です。なかでも特に重要なのが食事(食事療法)で、これは適正体重の維持とも深く関わります。

痛風

痛風は、発症前に血中尿酸値の高い状態が長く続きます(高尿酸血症)。それを放置すると、尿酸が関節の中で固まって結晶になるために関節炎を起こし、ある日突然、足の親指の付け根などの関節が赤く腫れて痛み出します。痛みは耐えがたいほどで、「痛風」という病名には「風に吹かれただけでも痛い」という意味合いが込められています。
痛風を起こす人は、そうでない人よりも心筋梗塞や脳梗塞になりやすいことも知られています。これは、痛風に糖尿病や高血圧、脂質異常症などの生活習慣病が合併しやすく、動脈硬化がどんどん進むためです。
この病気の研究は進み、良い薬も開発されたため、正しい治療を受け、生活改善をすれば、まったく健康的な生活が送れます。

Nishitokyo MEGUMI CLINIC

西東京めぐみクリニック

042-452-5948

診療内容
内科、内視鏡内科、消化器内科、外科、胃カメラ、大腸カメラ、健康診断、予防接種
院長
小林 克敏
住所
〒188-0011
東京都西東京市田無町2-9-13 丸嘉ビル2F
最寄駅
西武新宿線 田無駅北口 徒歩4分
診療時間 日祝
9:00~12:30
15:00~18:00

休診日…火曜・日曜・祝日